[CentOS 7x] MySQLをCentOS7にインストールする方法

photo_00310

CentOS7からはデータベースがMySQLからMariaDBに変更となりました。
今回はMariaDBを削除してからMySQLをインストールする方法になります。

MariaDBの削除

remove mariadb-libsでパッケージを消去し、さらに rm でデータフォルダも消去しています。
これを行っておかないと競合が起こりうまく動かなかったりすることがあるので重要です。

yum リポジトリを追加

MySQL Community Downloads から最新のリポジトリ情報を入手します。
今回は「mysql80-community-release-el7-3.noarch.rpm」が最新版でした。

リポジトリをインストールします。

エラーが出ました。ホームページを見に行ったら見ることができないという症状です。
curlに問題があるようなので、curlのupdateを行います。

再度、下記コマンドを実行

上記に「mysql-community-source.repo mysql-community.repo」の2つが入っていたので無事リポジトリをインストールできました。
yumに入っているリポジトリは「/etc/yum.repos.d/」で確認できるので覚えておくと便利ですね。

MySQLサーバーのインストール

MySQLの起動

起動と自動起動を行います。

MySQLの初期パスワード

MySQLの初期のパスワードは「/var/log/mysqld.log 」の中に記載されていますので、それを表示します。

この「J6QwoGl-H+Ml」が初期のパスワードです。

MySQLにログイン

上記の初期パスワードを入力すると、ログインが完了します。

関連記事

  • Categories

  • タグ

  • アーカイブ

  • 最近の投稿