[WordPress] 投稿画面を古いバージョンに戻す(Classic Editorプラグイン)

photo_00056

WordPress5.0よりエディターが「Gutenberg Editor」になりました。新しく追加された管理画面なのですが、古いものに使い慣れているととても使い難いです。
「Classic Editor」というプラグインがあり、簡単に古いエディターに戻せるので、使い難い人は元のエディターに戻しましょう。

新しい投稿画面

投稿の編集_‹_WordPress_Develop_—_WordPress
新しい投稿画面は使い難いとの評価が多いですね。元の管理画面に戻した方が幸せになります。

Classic Editorプラグインのインストール

プラグインをインストールします。Classic Editorで検索すると出てきます。
プラグインを追加_‹_WordPress_Develop_—_WordPress
インストールボタンを押してインストールします。

プラグインの有効化

プラグイン_‹_WordPress_Develop_—_WordPress
インストール済みプラグインの一覧のClassic Editorを有効化します。有効化ボタンを押すと「停止 | 設定」という表示になります。

古い管理画面に戻った!

もう一度投稿ページ(管理画面)をみてみると古い(元の使いやすい)投稿管理画面に戻っています。
投稿の編集_‹_WordPress_Develop_—_WordPress-2
新しいバージョンの投稿管理画面は使い難く最悪なので、元に戻ってホッとしました。

関連記事

  • Categories

  • タグ

  • アーカイブ

  • 最近の投稿